NEWS
 
  • GLOBAL

    2019/11/09

    ネパール震災復興サッカーチャリティマッチ

    シンガポール、ラオス、カンボジア、アメリカ、ラトビア、オーストラリア等、世界各国でプレーする日本人選手を招集し、選手兼監督として元日本代表の戸田和幸氏を迎えて日本チームを編成。2015年4月のネパール大地震に遭った被害者やネパールの人々に、サッカー(スポーツ)の力で元気と希望を届けることを目的として、カトマンズにて、ネパール代表との親善試合を開催した。当日は約6,000人の観客が詰め掛け、国際Aマッチさながらの雰囲気の中で白熱した試合が行われ、0-1でネパール代表が勝利。試合終了時には、両チームに大きな拍手が巻き起こり、スタジアムは熱気と暖かさに包まれた。(当社は本イベントにおける日本側の窓口・統括として、日本選手団のブッキング・PR等を担当)

    名称:ネパール震災復興サッカーチャリティマッチ
    場所:ANFAコンプレックス
    日時:2016年11月19日(土) 14:00キックオフ
    結果:[ネパール代表] 1 – 0 [Japan Friends]
    主催:特定非営利活動法人Colorbath,ネパールサッカー協会
    後援:在ネパール日本国大使館,国際協力機構(JICA)
    認定:日本・ネパール外交樹立60周年記念事業(外務省),スポーツ・フォー・トゥモロー認定事業(外務省/スポーツ庁)
    協賛:Incentive Group of Companies,カシオ計算機株式会社,東京スポーツ・レクリエーション専門学校

< ニュース一覧ページへ戻る